日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク * 活動報告

第198回大阪駅前水曜集会




日  時 : 2023年3月1日(水) 19:00〜
会  場 : ヨドバシ梅田前

【報告】


春が訪れた3月の第1水曜日。
ヨドバシカメラ梅田前で水曜デモを開催しました。
オープニングはいつものように「水曜デモの歌」から始まりました。

》美香議員に対する裁判判決の報告がされました。

2月10日、ソウル地裁は尹美香議員に対する準詐欺、業務上背任などの容疑について全て無罪とし、業務上横領について1500万ウォン(150万円)の罰金とする事実上の無罪判決を下しました。
30年間被害者とともに歩み、問題を世界に広げてきた尹美香さんは被害者を食い物にした詐欺師と叩かれ、メディアの攻撃にさらされるという想像を絶する苦難を強いられました。
判決は検察の起訴が虚実で塗り固められたものであることを明らかにしました。
韓国では民主党議員をはじめ攻撃に加担したメディアによる「ごめんなさい」「謝罪します」というメッセージがあふれる一方で、日本では尹美香議員を犯罪者と印象付ける報道が多いです。
控訴審で完全無罪を勝ち取るまで引き続き支援・連帯していこうと呼びかけました。



国際女性デーのアピールがされました。

1904年3月8日にアメリカの女性労働者たちが待遇改善と参政権を求めて闘ったのが始まりで、1975年3月8日に国連で制定されました。
コロナ渦で女性や少女への暴力が激増するなか、ようやく法務省は刑法の「強制性交罪」を「不同意性交罪」に罪名変更する方向を示しました。
同意のない性行為が処罰対象となることを広く伝える必要があります。
2012年3月8日には、金福童ハルモニが、日本政府が謝罪し、賠償しても10円たりとも自身のためには使わない、戦時下などで性暴力被害にあった女性たちを支援すると、「平和のナビ基金」を立ち上げたことも心に刻みながら、私たちは歴史や未来のことを考えながらやっていきたいと訴えました。



シュプレヒコールの前に、今回の裁判で無罪を勝ち取った元人権博物館長について紹介、二十数年間、挺対協で人生をかけて働いてきた彼女が裁判闘争の過程でどれほど傷つけられたか、その痛みをどうすれば癒せるのか、私たちに何が出来るのか、そんな思いを伝えてくれました。
事件後にひとり旅立たれたウリチプの孫英美室長とともに、忘れないで記憶していこうと呼びかけられました。

映画「金福童」の主題歌「花」の歌唱、パウィチョロンの律動、シュプレヒコールで今後も頑張ろうと約束しました。



2023年03月01日(水) No.151 (報告)

No. PASS