日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク * 活動報告

第201回大阪駅前水曜集会




日  時 : 2023年6月7日(水) 19:00〜
会  場 : ヨドバシ梅田前

【報告】


いつものように「水曜デモをご存じですか」の歌で始まりました。
今回は、たくさんのアピールがありました。


ヾ慇哨優奪箸らの報告

3泊4日の日程で訪韓し、ナヌムの家で暮らすイ・オクソンハルモニ、ポハンで暮らすパク・ピルグンハルモニ、そして仁川で暮らすキル・ウォノクハルモニ3人のハルモニたちを訪問した。
また、望郷の丘の金福童ハルモニをはじめとする被害者ハルモニのお墓参り、故孫英美さんが祀られている納骨堂訪問について報告。




◆崙管法」アピール

参議院本会議で強行採決されようとしている「入管法」法案の問題点と廃案を求めるアピール。法務省は、在留資格のない外国人や、難民認定を受けられない外国人を強制送還できるよう「入管法」を改悪しようとしている。
「人権上問題あり」という強い反対で廃案になった旧法案とほぼ同じ内容であり、難民の命を奪う人権無視の法案は絶対許されない。
国会に大きな反対の声を届けていこうと呼びかけられた。




6・19紛争下の性暴力根絶のための国際デー

90年代に日本軍「慰安婦」被害女性たちが名乗り出て、戦時性暴力の実態を訴え、戦争しないでと訴えた。
にもかかわらず現在も戦時・紛争下において女性や子ども、あるいは男性たちが性暴力の犠牲になっている中で2015年、国際デーが定められた。関西ネットは、6月19日に、沖縄で起きている問題に焦点を当ててオンライン集会を開催予定、参加をよびかけた。




ぅ侫Д濂文θ餾枷宗一部勝訴報告 
 
5月30日、控訴審判決で逆転勝訴。「ジェンダー平等社会の実現に資する研究と運動の架け橋」としての研究に対し、杉田水脈議員が「科研費不正利用」と誹謗中傷を繰り返したことを名誉棄損と認め、33万円の賠償命令が下された。政治が学問に介入する歯止めとして意味がある一方、日本軍「慰安婦」問題、ジェンダー・フェミニズム関連の研究への攻撃に関しては、自分たちの都合のいいように歴史を捻じ曲げてきた側を司法はかばった。
これから課題に向かってさらに連帯の輪を広げていきたいと報告された。




2023年 小学校教科書採択

今年は小学校教科書採択の年で、特に社会科と道徳について指摘があった。
社会科については各社検定を通すため侵略戦争に関わる歴史的背景を無視して書かれていると指摘。
道徳についても配布された資料を参考に、教科書展示会に出向いて、意見を出してほしいと訴えた。




Ω演「マリヤの賛歌―石の叫び」

日本人「慰安婦」としてだた一人名乗り出られた城田すず子さんは自伝「アリアの賛歌」で苦悩、戦争への怒り、日本軍「慰安婦」にされたことへの怒りをつづっている。くるみざわしん脚本、金子順子出演の一人芝居で、7月〜12月まで毎月1回公演。
ぜひご参加を!



他に「ハナ」の歌唱、「パウィチョロン」の律動、「花ばぁば」のカードセッションなど盛りだくさんの内容、力強いシュプレヒコールで締めくくりました‼
2023年06月07日(水) No.159 (報告)

No. PASS